潰瘍性の診断がついて
下痢が続いておられた方がいます。
大腸の反射区を中心に触っていましたが
小腸に小さなものがありました。
少し痛いと言われましたが
刺激してほぐしてみました。
数日後ご連絡があり
「一ヶ月ぶりに普通の固まりのある便が出ました・・・」と。

痔になりやすい方がいます。
大腸反射区をたどっていくと
直腸の手前の下行結腸がパンパンに張っていました。
その部分を刺激していると
リアルにお腹のその部分を押さえられて
「ココが張っている気がするんです」と。

出てきた症状も大切ですが
その手前をたどると
意外と解決の糸口が見えるかもしれません。

私は医師でもないし
国家資格もありません。
元々はプロ腹話術師です。
(官足法ももちろんプロです)
やっていることは
流れの悪いところを探して
そこを揉んで広げて
血流を考えているだけです。。。

あなたでも出来るんです。



官足法療法・奈良健康ルーム 
https://kansoku-nara.com/