介護施設へ認定資格取りたての息子とボランティアに行った。
デイサービスに通われている方、住んでおられる方がいらっしゃる。
ご家族からお預かりしておられる大切な方々。
ボランティアを受け入れて下さるということは
それなりの覚悟がいると思う。
私が施設長なら覚悟がいると思う。

椅子に腰かけていただき二人で左右を分担して足を揉ませていただく。

「汚い足でごめんね」「いつもしもやけでしんどいのよ」「腰が痛いんだけどね」
押す強さを1~10のレベルでいくと レベル1の弱さでさせていただく。
それでも痛い人は痛い。

介護士の方々は やはり 職業上か
「肝臓」「腎臓」「足裏の痛さ」などがある。
こちらはレベル10でしっかりと。

人生を長く歩まれた方々の足には歴史があった。