毎月最終木曜日は 大阪に行本会長が来られ(毎回東京からです)
セミナーが開かれます。

そのお手伝いに行ってきました。


kai
今回は、足の反射区と合わせて
肩甲骨はがしや
関節の揉み方をご指導いただきました。

熊本からお越しの方もおられ、
コロナが流行っていたころから見ると
お客様も戻ってきている感があります。

骨のそばには
リンパ・血液・神経
が流れており 
骨のそばに老廃物がこびりつきます。

骨のそばをグリグリ棒や赤棒を使って
上手に老廃物をはがしていきましょう。

綺麗に流れると
血液が100%流れて身体中を駆け巡り
不調も流れてゆきます。

私は、滞っている血流を探すのが大好きです。
必ず、詰まった感触があります。
目を閉じて 手にクリームを塗って
優しくさすると
小さな塊からお餅サイズまで
いいろんな塊が出てきます。
少し痛いけれど
おなべについたオコゲを綺麗に取るような気持ちで
磨いて剥がして流していきます。
最初は痛くても、流れてしまえば、痛くなくなるのです。


官足法療法・奈良健康ルーム 公式HP http://kansoku-nara.com/index.html