官足法療法 奈良健康ルーム  日々つれづれ

官足法究楽部の認定講師Tomokoです。 奈良市で官足法の指導をしています。 日々 感じたことを書いていきます。

「自分の健康は自分で守る」「副作用なく根治を目指す」
「自己免疫作用を生かす」

官足法によるメソッド「足」に溜まった汚れ(老廃物)を循環し
排泄させることで骨のそばを通る「老廃物」「血液」「リンパ」を
丁寧に流し込んでいきます。

そして本来の自己修復作用を利用し「現状維持」「今よりも健康に」
さらに疲れを痛みを忘れる日々を取り戻していただきたいと願っています。

官足法療法・奈良健康ルーム 公式HP http://kansoku-nara.com/index.html

昨日は大阪官足法ルームへ!
セミナー参加者は6名 
そして かつてお世話になった認定講師のK先生もお見えに。
行本会長 そして 足揉みシスターKさん!

会長がグルグルとみなさんの足元をまわられると
あちこちで叫び声が???
会長が悪いのではありません。悪いのは詰まっている貴方の足です。

ほぐしていくと もんでいくと
詰まった塊が 少しずつ 小さく 溶けていく。
そして患部はあったかくなり 楽になる。

いつも思うのだが 官足法は ゴールがない。
いつも 何か 発見がある。

私にとってルームは
楽しみであり癒しであり居場所である。

来月も楽しみ楽しみ!(^^)!

若いころに交通事故にあったとか
ぶつかったとか
そういうことすら忘れていた方々がいます。

そして年月が経って何かおかしいな、体調が悪いな、と来られる方があります。

身体をさわっていくと筋肉が固まっている箇所があります。
「ここ固まっていますけれど何か心当たりはありませんか?」と伺うと
「そういえば捻挫したことがあります」「打撲しました」
とお話されます。

硬くなった箇所を手や棒でほぐしていくと
あたたかくなり足の先がピリピリとした感触になります。
詰まったところが流れていく感じです。

過去の遺物が年月を経て現れてくるのですね。

IMG_20191023_192853_20191023192933
今月東京で資格を頂いたので
親子官足法OKになりました。

新人息子の練習は介護施設でのボランティアで
お願いしたいと思い 本日早速面接に行きました。

人の身体をさわらせて頂くことは
利用者さんにとっても安全でかつ事故のないように
気を付ける必要があります。

施設長さんのご好意で受け入れていただくことが出来て
感謝です。
面接のあとスタッフさんたちの足を揉ませて頂きました。
レベル1~10くらいの押しの強さを説明させて頂き
ご高齢の方が多いということで優しくなでるだけでも良い
ということになり まずは レベル1くらいから
開始させて頂くことになりました。

感じの良いアットホームな施設でした。
施設長さんそしてスタッフの皆様
有難うございました!!










このページのトップヘ