官足法療法 奈良健康ルーム  日々つれづれ

官足法究楽部の認定講師Tomokoです。 奈良市で官足法の指導をしています。 日々 感じたことを書いていきます。

「自分の健康は自分で守る」「副作用なく根治を目指す」
「自己免疫作用を生かす」

官足法によるメソッド「足」に溜まった汚れ(老廃物)を循環し
排泄させることで骨のそばを通る「老廃物」「血液」「リンパ」を
丁寧に流し込んでいきます。

そして本来の自己修復作用を利用し「現状維持」「今よりも健康に」
さらに疲れを痛みを忘れる日々を取り戻していただきたいと願っています。

官足法療法・奈良健康ルーム 公式HP http://kansoku-nara.com/index.html

同じようにウイルスを吸い込んでも
コロナになる人とならない人がいる。

この違いはどこから来るのか?

それは免疫力があるかないか ですね。

ではどうすれば免疫力が上がるのか?

リンパを強くするといいそうです。

昨日は官足法友の会会長のセミナーが大阪で行われ
勉強してきました。

足の反射区
上下リンパ腺 胸腺リンパ腺
この三か所は とても大切だそうです。
加えて扁桃腺の箇所もしっかりともんでおきましょう!!

IMG_20200220_125024_20200223205155
大人には(人によっては)苦痛の痛さのウォークマットⅡ
赤ちゃんには遊び道具???

少し前、ある大学の幼児教育学科の授業に呼ばれました。
一回限りですが、腹話術を生徒たちに教えてください、とのことでした。

休憩をはさんで2限行いました。

最初に担当の先生が言いました。
「Aさんは発声など当てないでください。彼女は声が出ないのです。」
喉の調子が悪くて声が出にくいそうでした。

1限目が終わり、休憩時間に彼女の所へ行って
喉、扁桃腺の反射区を官足法で刺激しました。

2限目 彼女は「声が出る!」と言い、練習に参加できました。

担当の先生は驚いて 授業が終わった後 応接室で
「私も喉の調子が悪いのです やってほしい」と言われました。
先生の足は 少し重症でしたのですぐには無理でしたが改善は見られました。

嬉しい出来事でした。

このページのトップヘ